Tel:082-257-5869(医局直通) 診療に関するお問い合わせ
呼吸器・消化器外科 TEL:082-257-5476
乳腺外科      TEL:082-257-1686

後期研修プログラム(入局)について[卒後3年目以降]

1.コースの概要

 日本外科学会外科専門医の取得を目標としており,そのカリキュラムを遵守し、消化器、乳腺・内分泌、呼吸器および心・血管系における急性期および慢性期の良・悪性疾患の外科診療を研修していただきます。
 特に、悪性腫瘍は我が国の死因の第一位であり、その診断、外科治療、周術期管理について習熟し、標準手術や低侵襲手術および拡大手術について研修します。さらに、抗癌剤治療や終末期医療、臨床試験などを経験し、広く臨床腫瘍学の一端を学んでいただきます。

2.研修期間

初期研修終了後は,外科系専門医および癌治療専門医としてのトレーニングを行います。おもに大学病院では呼吸器外科・食道外科・乳腺外科の専門研修を行い,関連施設では広く一般外科・消化器 (食道) 外科・呼吸器外科・内分泌外科・心臓血管外科などのトレーニングを行います。研修先やプログラムは個人の希望を重視しています。

 卒後3年目:大学病院または研修病院で外科研修
 卒後4年目:研修病院で外科研修
 卒後5年目:研修病院で外科研修
 卒後6年目:大学院で研究または二次出張で臨床研修
 卒後7年目:大学院で研究または二次出張で臨床研修
 それ以降 :大学院または臨床研学位取得後:本人の希望により大学、留学または関連病院勤

3.定員

各年度10名程度

4.入局について

 後期研修の時期は,今後どのような医師になるかを決定するうえで最も重要な時期です。当科においては,長年にわたって蓄積された医師を育てるノウハウのもと,今後ますます増加するであろう癌患者とその家族に接するうえで不可欠な豊かな人間性の育成に重点を置いています。入局によって、優秀な指導医のもと、日々研修を重ねるだけで、それらは自然に体得されることとなります。
 また、入局は、自分のめざす専門医の取得と学位の取得を、迅速かつ無理なく実現する最短コースを提供します。専門医は、これからの医師すべてに求められている必要な資格であり、当科においては、大学病院と充実した関連病院によって予定年次で無理なく取得可能です。学位は、研究を志す医師にとって不可欠な資格です。これについても同様に、時宜を得た数多い研究テーマは、常に臨床現場に視点が向けられており、臨床を意識しつつ、テーマを無駄なく完結していくことができます。伝統ある当科の学位取得率の高さは、その環境が整っていることを物語っています。
 このように、専門医の取得と学位の取得は臨床と研究の修練と置き換えることができ、それは入局によって充実した環境を得ることが可能となります。当科では、臨床研修とともに大学院に入学し、臨床に視点をおいた基礎研究を実践し、臨床と基礎医学に広い視野をもつ優秀な外科医の育成が実現されています。その流れの中で、個々の適性が自他ともに明らかとなり、当科はその支援を惜しみません。若い医師ひとりひとりの個性に応じ長所を伸ばす指導を実践しています。臨床研修をしていく過程で特定の臓器疾患に興味を持てば、その疾患グループにおいてエキスパートになる道を目指せます。基礎研究に興味を持てば,外科標本をはじめとする豊富な実験材料と実験設備があり、自由に研究可能である。医局は、志し同じくするものが集い、励み、議論し、競い助け合う場であり、この先自分の興味や目標がどのように変化しても対応できるところです。

5.取得できる専門医,認定医について

日本外科学会:外科専門医・指導医
日本消化器外科学会:専門医・指導医
日本胸部外科学会:認定医・指導医
日本乳癌学会:認定医・専門医
日本食道学会:認定医・専門医
日本がん治療認定医機構:がん治療認定医

6.大学院について

講座名:広島大学大学院医歯薬総合研究科 創生医科学専攻 先進医療開発科学講座 腫瘍外科研究室
原則として,後期研修2年目を終了後に入学しますが,時期は希望により変更可能です。

7.国内・国外への留学について

希望により,学位取得後に留学が可能です。

国内・国外で交流のある研究室
Karolinska Institutet (Stockholm, Sweden)(現在1名留学中)
John Wayne Cancer Institute (Santa Monica, USA)
東京医科大学第一外科(東京)
University of California at San Diego (San Diego, USA)
Memorial Sloan-kettering Cancer Center (New York, USA)
Dana-Farber Cancer Institute (Boston, USA)
University of Oxford (Oxford, UK)
National Institutes of Health (NIH)(Bethesda, Maryland, USA)
CNRS-IRSC (Villejuif, France)
など

8.女性の医師への対応について

 腫瘍外科の現場では女性外科医のニーズは少なくありません。むしろ、近年、その必要性は高まっています。たとえば乳腺診療におけるレディース・クリニックや女性的価値観、センス、あるいは外科的スキルなどです。現時点で、研修内容、勤務、研修後の進路などに男性医師との区別は原則として行えていませんが、今後、女性外科医育成に向けたインフラ整備は重要と考えており、本人と相談のうえで最大限に配慮し、あるべき体制を一緒に模索しています。産休・産後の休暇については医局や各病院で、その都度対応しています。育児期間中は、希望に応じて職場を選択していただきます。結婚等で他地域へ移動する際は配慮します。

9.後期研修後の進路について

 大学病院あるいは関連病院での外科基本研修終了後は,本人の希望に沿って,大学院に入学し研究に進むか,さらに関連病院で臨床経験を積むかを選択していただきます。現時点では,ほぼ全員が大学院に入学し,3~4年で学位を取得しています。学位取得後は,本人の希望により,大学医局で臨床研究あるいは基礎研究を継続するか,関連病院に勤務します。勤務病院や留学先などの希望には柔軟に対応します。

例:2008年入局のI先生の研修スケジュール

10. 教室の特色

 当教室では,外科手技や全身管理のみならず,診断や適切な外科手術適応の判断,化学療法,緩和医療まで精通した腫瘍専門医を育成するよう指導を行っています。さらに,がんの基礎研究を行う期間も十分に設け,臨床と基礎の両面からトランスレーショナルリサーチを実践し、広い視野で新しい癌治療を開発できる人材を育てています。

11. 教室の今後の展望

 日本国民の3人に1人はがんで死亡する時代であり,これから高齢化が進めば,さらに癌患者は増加し,癌治療専門医のニーズは高まることが予想されます。高齢でリスクの高い癌患者の治療には,癌に対する広い知識と治療技術に加え,豊かな人間性が要求されることは間違いありません。当科では今後も,癌の診断・外科治療・化学療法・免疫療法・緩和治療に加え,基礎研究により開発される先進的治療を積極的に取り入れ,癌治療をリードする存在であり続けることを目指し続けます。

連絡先 広島大学 原医研 腫瘍外科
医局長 宮田義浩

〒734-8551 広島市南区霞1-2-3 霞総合研究棟5F
Tel: 082-257-5869 Fax: 082-256-7109
E-mail: genge@hiroshima-u.ac.jp
広島大学腫瘍外科フェイスブック メディア掲載情報 第93回中国四国外科学会総会、第23回中国四国内視鏡外科研究会 広島大学病院乳腺外科ブログ 広島がん治療研究会

↑ PAGE TOP